ホワイトペーパー

グローバル化するサイバー攻撃--調査から判明した8つの特徴とは

ファイア・アイ株式会社 2014年01月06日

最近発表されたセキュリティ・レポートの多くは、知的財産など機密情報の窃取を目的とするサイバー攻撃の背後には中国が存在していると名指しで指摘している。 しかし高度なサイバー攻撃に関しては、その発信源を特定の国に限定することはできない。むしろ、サイバー攻撃はグローバル化しているのが現状だ。

セキュリティ企業のFireEyeでは、2012年を通じて、企業ネットワーク内においてマルウェアに感染したホスト数十万台から発信された、攻撃者の指令を求める通信(「コールバック」と呼ばれる)1,200万件を調査したところ、攻撃者の意図や関心事、攻撃元の地理的な分布などが明らかとなった。その内容は8つの特徴に分けられるという。

詳細はダウンロードしてご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]