ホワイトペーパー

「医療のIT化」先端事例--システム刷新で急増する医療データに備えよ(IBM)

日本アイ・ビー・エム株式会社(C-Suite) 2014年07月01日

総合病院として地域医療を担う横須賀共済病院は、患者の生命に関わるミッションクリティカルな基幹ネットワークについて、さらなる強化を検討していた。

求められていたのは、まず第一に、ますます増大していく電子カルテのトラフィック、医療画像のデータ量に柔軟に対応できる拡張性や帯域幅の確保だ。

そこで最終的に同院が採用を決めたのが、IBMの提案による広帯域(10Gbps)のリング型ネットワークである。ジュニパーネットワークスEX4200シリーズを中心に、 柔軟かつハイパフォーマンスな基幹ネットワークを構築することに成功した。

さらに着目すべきは、IBMのネットワークシステム遠隔監視・運用支援サービス「ADAMS((ADministration And Monitoring Service))」を導入し、機械だけを納品して終わりではなくサーバーとネットワークを一括で24時間365日監視運用支援している点だ。
これによりネットワークの可用性が飛躍的に向上しただけでなく、実際に医師をはじめ医療現場のユーザーから寄せられるネットワークに関するクレームも激減しました。

詳しくはダウンロード資料をご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]