ホワイトペーパー

M2M分野におけるビッグデータをリアルタイムに扱う3つの仕掛けとは

株式会社科学情報システムズ 2014年07月01日

この資料では、M2M分野におけるビッグデータをリアルタイムに扱う3つの仕掛けについて解説します。
M2M分野において扱うデータは、ビッグデータの典型的な特徴である3V(Volume:膨大なデータ量、Velocity:高頻度で発生するデータ、Variety:多種多様なデータ)を備えています。それらのデータを有効活用するためには、ビッグデータの処理に適した仕掛けが必要です。
詳細はダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]