ホワイトペーパー

導入5事例が示すSDNの計り知れない可能性

日本アイ・ビー・エム株式会社(Hybrid IT) 2015年08月21日

「SDN(Software Defined Networking)」は、場所やデバイスなどの物理的環境に縛られていた旧来のネットワークを開放し、次世代のネットワーク管理を提供する技術・仕組みとして、大いに期待が寄せられている。これまでさまざまな研究や検証が行われてきたが、いよいよ本格的な普及が始まろうとしている。

 IDCは2015年3月、データセンター、企業ネットワーク、通信事業者におけるSDN/NFVが実用期を迎えたと発表した。特に企業ネットワークの分野においては、SDN技術の適用個所を具体的に検討し、実践から得られた効果を元に、より現実的なアプローチへとシフトしているとのことだ。SDNが企業ネットワークの構築・運用の選択肢として受容されることで、2014年~2019年のCAGR(年間平均成長率)が55%という高い数値を示すと予想している。

 IBMにおいても、すでにいくつかのユーザーネットワークを“SDN化”することで、旧来のネットワークが抱える問題を解決し、ビジネスの目標を実現してきた。同社が手がけてきた実例から得られた実装のパターンを紹介することで、実践レベルへと昇華した最新のSDNの姿を見ていただこう。最大のポイントは、これらはすでに企業が計画、実現しているユースケースであるところにある。

本記事ではそれらの事例を5つのケーススタディとして紹介しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]