ホワイトペーパー

BYOD 用 IBM モバイル端末管理に関するトータルエコノミックインパクト

日本アイ・ビー・エム株式会社 2015年02月10日

2012 年 11 月、IBM は Forrester Consulting に対して、企業が「私有端末の持ち込み」(BYOD) プログラムを管理するためにIBM Mobile Enterprise Services を契約した場合の Total Economic Impact (TEI) と投資利益率(ROI) を調査するよう依頼しました。この調査の目的は、「私有端末の持ち込み」(BYOD) プログラムのた
めにモバイル管理ベンダーとの提携を検討している企業を対象に、IBM Mobile Enterprise Services 導入時の財務的影響を評価するためのフレームワークを提示することです。
既存の IBM 顧客 2 社とのインタビューを実施した結果、IBM Mobile Enterprise Services を利用した BYOD プログラムの導入により、非常に魅力的な 108% の投資利益率と 1 か月未満での回収が実現することが判明しました。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]