ホワイトペーパー

ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開

ニュータニックス・ジャパン合同会社 2018年11月27日

パブリッククラウド市場をリードしているAWSとMicrosoft Azure。この2つのクラウドのなかで最も多く利用されているOSは何か。答えは、Ubuntuで全体の約55%のシェアを持ち、2位のCentosの22%を大きく引き離している。

では、2つのクラウドのなかで最も多く利用されているデータベース管理システムは何か。答えはMySQLで全体の64%を占める。2位はSQL Serverの13%、3位はPostgreSQLの11%。ただし、Oracle Databaseユーザーの43%はPostgreSQLの利用を検討し始めており、PostgreSQLがシェアを伸ばしている。

こうした興味深い結果をまとめたのがNutanixが公開した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」だ。この調査は、マルチクラウド管理SaaS「Nutanix Beam」を使って、ユーザーの実利用データを収集し、解析したものだ。24ページ構成のレポートには、ほかにも興味深い調査結果が多数収録されている。市場の把握や製品選択などの参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]