ホワイトペーパー

バックアップソフトをリプレースした結果--業務が大幅に進ちょく、その理由は?

arcserve Japan合同会社 2016年03月25日

日本酒メーカーの「酒造り」も今やITに支えられ、約60台のサーバーを、情報システム室が管理している--。それが、神戸の著名日本酒メーカー、白鶴酒造株式会社である。

そもそもサーバーが何故そんなに必要かといえば、詳しくは資料で説明するが、同社が伝統的な製造方法での酒造りだけでなく、最新技術による製造方法も積極的に取り入れているからだ。

同社の転機は、Windows Server 2003のリプレースだ。それに伴いバックアップソフトも同時に刷新したところ、情報システム部のサービス品質が大幅に向上し、経営効率も大きくアップしたという。

何故だろうか?
同社の選択は「Arcserve Backup for Windows」である。サーバ管理のしやすさ、ライセンスのわかりやすさなどが魅力で決めた。導入の結果、まずはデータ復旧が必要になった際の、「業務の滞り」がなくなった。それどころか、システム管理者でなくともリストアが行えるようになった。また、全国に散在するサーバの管理も、リモートで効率的に行えるようになった。

効果は他にもあった。
詳細につきましては、ダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]