ホワイトペーパー

絶対必要、だけど悩みも多い“バックアップ”─簡単・シンプルな解決策がここに!

arcserve Japan合同会社 2019年04月16日

データ活用のあり方がビジネスの勝敗を分けるようになった昨今、データの重要性はますます増すばかりだ。しかしデータは、システムトラブルや自然災害、人為的ミスなど、様々な原因で失われるリスクがあるのもまた事実で、そうした事態を避けるためにバックアップが欠かせない。ところが、データ量が増大してバックアップ時間が長引き業務に影響を及ぼしたり、物理/仮想、さらにはクラウドなどバックアップ対象が混在し運用が煩雑となったりなど、様々な問題に直面するケースが増えているのである。

今回紹介するSB C&S株式会社もまた課題を抱えていた。約200の仮想サーバ、10の物理サーバが稼働する重要IT基盤流通業務システムが存在するが、サーバ台数の増加、経年劣化によるストレージのパフォーマンス低下やディスク容量のひっ迫などにより、人手に頼る煩雑な運用を余儀なくされていた。

そこで同社ではこうしたバックアップにまつわる多種多様な悩みやニーズを解決するバックアップ専用アプライアンス「Arcserve UDP 8000シリーズ」に注目した。本資料は、同シリーズが各種課題解決にどのように役立つのか、ユースケースを踏まえて解説している。ぜひダウンロードのうえご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]