ホワイトペーパー

いま注目すべきSIEMの7トレンド、旧来SIEMとの違いとは?

Splunk Services Japan 2019年08月28日

SIEM(Security Information and Event Management)が登場したのは10年ほど前だが、いまやSIEMの活用領域はセキュリティだけにとどまらない。脅威管理、監視、コンプライアンスなど、企業が取り扱う情報全体を管理するためのプラットフォームとして活用されている。可視化による迅速な判断ができるかどうかも、SIEMの重要な決め手になる。

実際、Gartnerによれば、2016年に19億9900万ドルだったSIEM市場は、わずか1年後の2017年には21億8000万ドルと、約2億ドルも増加した。SIEMへの市場ニーズは堅調で、近年は機械学習や人工知能の進化を受けて、より高度な分析に向けたさまざまな新しいトレンドも生まれている。

本資料は、最新のSIEMについて、7つのトレンドを解説したものだ。「標的型攻撃の検出」「セキュリティエコシステム」「スマートダッシュボード」などから、これからのSIEMに求められる機能や特徴を理解することができる。次の10年、理想とされるプラットフォームを知るうえでも参考になる資料だ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]