ホワイトペーパー

AWSとSplunkの連携で実現する強固なセキュリティ対策、実現への4つのステップを確認する

Splunk Services Japan合同会社 2022-03-16

新たなクラウドサービスを導入するごとに、組織には大量のデータが発生する。データを可視化できるかどうかでサービスの成功への架け橋にも泥沼への道にもなる。特にセキュリティ領域ではそれが顕著だ。クラウドサービス最大手のAWSは、アカウントのセキュリティ体制を監視するための幅広いサービスを提供する。AWS Security Hubでは、AWS環境に導入されているすべてのAWSセキュティサービスとサードパーティプロバイダーからの情報を集約、識別、優先順位付けする。また、SplunkはAWSと連携してクラウドのアプリケーション、インフラ、アカウントをリアルタイムで可視化する基盤を提供。自動アシスタントでセキュリティ脅威にすばやく対応し、リスクを低減する。
この資料では、AWSとSplunkの連携により、強固なセキュリティ基盤を構築できることを4つのステップを通じて説明し、クラウドサービスを活用する企業が取るべきセキュリティ対策の指針を示す。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]