ホワイトペーパー

【事例】高性能な処理システムを一挙にコンパクト化、仮想化も実現--医療用システム

デル株式会社(ESG) 2016年07月01日

本資料は、医療用システムを提供するGEヘルスケア・ジャパンが、医療機関の高い要求に応えるサーバ製品として、デルのインテル® Xeon® プロセッサー搭載のコンパクトデータセンター「PowerEdge VRTX(バーテックス)」を選択し、可用性を高めつつ、スペース効率や保守性能などを両立させた事例となります。

文中で解説する医療用のシステムは、医療機関を支える「まさにインフラと言ってもよい存在(担当者)」であり、サーバの停止は、即、診療そのものが停止することを意味しました。

要望である高可用性、複数機能の搭載、高メンテナンス性、低コストを実現するハードウェアとして、最終的に Dell PowerEdge VRTXを選定。特に決め手になったのは、「共有インフラストラクチャとしてサーバ、ストレージ、ネットワーク、管理機能が最適に統合され、3 台 の Dell PowerEdge M630(最大搭載数は4 台)をコンパクトに格納できること」だったといいます。

ぜひ詳細について、ダウンロードでご覧ください。

最新のインテル® Xeon® プロセッサーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT 部門の課題解決を支援します。Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]