ホワイトペーパー

RISCプラットフォームに忍び寄る衰退の影——エンタープライズのRASを確保する5つの方法とは?

デル株式会社(ESG) 2016年11月25日

ミッションクリティカルなアプリケーションに依存する企業では、ITインフラの基盤としてハイエンドなRISCプラットフォームを採用しているケースが多く見られます。しかし、目まぐるしい進化を遂げている現在のコンピューティング環境において、このRISCアーキテクチャでは企業のニーズを十分に満たせなくなってきているのもまた事実です。

こうした状況を打開するべく、2015年5月に企業の将来を担う新たなITインフラ基盤が誕生しました。それが第13世代のサーバラインアップで最強と謳われる、Dellのエンタープライズ向け4ソケットサーバ「PowerEdge R930」です。

PowerEdge R930は、インテル最新のE7プロセッサー(最大18コア)による圧倒的パフォーマンスに加え、さまざまなワークロードの要件に対応する最大96個のDDR4 DIMMメモリスロットと最大24個のホットプラグ機能付きSSDまたはSASハードドライブを採用。極めて高いサービスレベルを要求されるアプリケーションに必要な「RAS(Reliability:信頼性、Availability:可用性、Serviceability:保守性)」機能を提供することができます。

本資料では、エンタープライズにおけるIT環境のRASを確保する5つの方法として、PowerEdge R930が持つ魅力を紹介しています。信頼性向上と革新的テクノロジに興味がある方は、ぜひご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]