ホワイトペーパー

IDC資料:「ビジネスの俊敏性」は「サーバの更新サイクル」と密接に関係!データで明示

デル株式会社(ESG) 2017年09月01日

本資料は、IDC/Dell EMCによる考察レポートだ。それによれば、昨今の変化の激しい事業環境において、それに即した「ビジネスの俊敏性」を獲得するのに最も適した選択肢は「サーバの更新サイクル短縮」であるという。

説明される内容としてまず重要なのは、「短期で更新した方がトータルで安い」という単純明快な事実だ。例えば配備後4~6年目におけるサーバー運用コストは、様々あわせ、初期取得コストの10倍以上にもなる。既設サーバーを運用継続するより更新したほうが、3年間の運用コストを59%低減できるという。

「ユーザー生産性の効率化」も見逃せない事実だ。最新サーバーは信頼性が高いため、それだけアプリケーションおよびシステムの計画外停止を最小限に抑えられる。それをしなかった場合に比べ、「生産性の損失」を78%回避できるという。

詳細はダウンロードしてご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)