ホワイトペーパー

それでも丸投げ? 製造業のブランドと信用を左右するもの

株式会社日立ソリューションズ(FSA) 2015年10月28日

日本の製造業は、社会インフラを支える製品をはじめ、さまざまな製品を世界中に送り出すようになりました。送り出すというより、製造コスト、現地に合ったカスタマイズの実施、そしてマーケットインのスピード、という面で有利な、『現地部品調達と現地生産』が今や主流ではないでしょうか。当然、現地生産の次は現地の販売網と現地保守体制が必要です。

しかし、現地パートナに委託が進むと、販売・保守の手離れは良くなりますが、次は日本の本社から保守の状況、故障の傾向や、エンドカスタマーからの貴重な意見などがなかなか掌握できないという状態になりがちです。そして拠点が多いほど困難さは増す一方です。

本資料では、そういったお悩みをお持ちのお客様に、国内はもちろん、グローバルに保守対象製品を一元管理し、効率よく保守サービスを展開し、顧客満足度とブランドイメージの向上をサポートする 日立ソリューションズのソリューション、Field Service Automoationをご利用シーンと共にご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]