ホワイトペーパー

【調査レポート】フラッシュストレージに関して1,000人のユーザーへ調査

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2016年07月13日

本資料には、Actual Tech Media社が実施したフラッシュストレージについての調査結果の詳細が、全40ページにまとめられています。さまざまな角度から調査がなされており、フラッシュストレージをご検討の担当者にとって有用な内容となっています。

フラッシュストレージの現状については、現在何らかの形でフラッシュストレージを導入しているという回答が67%(オールフラッシュ環境5%/一部フラッシュ環境62%)にのぼっています。また、データセンターでどの程度のフラッシュ容量を利用しているかについての調査では、35%の回答者が今後2年以内にストレージの50%以上がフラッシュになるとしており、今後数年にわたってフラッシュストレージが普及し続けると予測しています。

「ワークロード」の項目では、Oracle、VDI(デスクトップ仮想化)、ビッグデータ、ファイルサーバー、Microsoftアプリケーション、Microsoft SQL Server、サーバー仮想化について、そのパフォーマンスを評価しており、どこでフラッシュストレージを活用すれば効果的なのかを知ることができます。さらに、「データ保護」「データ削減」「サービス品質」「運用環境」「交換サイクルへの影響」についても調査を行い、見解が示されています。

詳しくは、本資料「調査レポート:1,000人のストレージユーザーから得たフラッシュに関するデータと新事実-ワークロードのパフォーマンスとフラッシュ導入に関する見解-」をダウンロードしてください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]