ホワイトペーパー

ダイハツ工業事例:全社システムのストレージ基盤も、「シンプル、スリム、コンパクト」

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ストレージ) 2017年03月05日

オールフラッシュストレージを導入すれば、高パフォーマンスと低レイテンシを実現できることは、誰もが期待する。しかし、ダイハツ工業が求めるストレージの性能は、それだけではなく、消費電力と占有スペースの半減、運用性、信頼性、そして耐障害性も重要だった。「シンプル、スリム、コンパクト」――同社のスモールカーづくりにおけるコンセプトがそのまま製品選びにも活用された。

「HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイ」は、同社がゼロベースで検討した上で導入決定した製品だ。同社の成長戦略を支える全社システムのプライマリストレージとして役割を果たせるのか、他社製品とともに実機テストが繰り返され、運用管理ツールの扱いやすさもチェックされた。その結果、既存のクラスター型ストレージとの比較で消費電力を1/4、占有スペースを1/8に削減することができ、しかも10数倍というランダムアクセス性能を発揮することが分かった。

そのほか本資料では、HPE 3PAR StoreServオールフラッシュアレイを導入したことによる、コスト削減効果やバックアップアップ時間の短縮など、さまざまなIT効果、ビジネス効果が紹介されている。ぜひ、ダウンロードのうえ、詳細をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)