ホワイトペーパー

データを「とりあえず蓄積」から脱却!4つのユースケースで考える企業のビッグデータ課題と活用法

ヒューレット・パッカード エンタープライズ(インフォメーションマネジメント&ガバナンス) 2016年04月26日

企業に蓄積される膨大な情報のうち、大きな割合を「ダークデータ」(誰も管理してない、かつ意識していないデータ)が占めているという現実を、ご存じでしょうか?

このダークデータには、取り出すことで大きな価値を生み出すデータが隠されている一方、管理者が不在であるため長期的にも着目される可能性が低く、日々ストレージ容量を圧迫する「完全なるコスト」となっている場合が大半です。

しかし、こうした情報を適正管理することで、大きな競争力が生み出される可能性があります。本資料では4つのユースケースを元に、HPEのファイル解析ソフトウェア「HPE ControlPoint」で企業がビッグデータの課題にどのように対処するべきか解説いたします。

ダークデータを含む大容量データが適切に管理された場合、機密情報の堅牢な管理、システムやストレージの最適化、クラウドへのデータ移行などが格段に容易となり、企業情報から最大限の価値を引き出します。

詳しくはダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]