ホワイトペーパー

「仮想マシン専用のストレージ」でストレージへの負荷を軽減

ティントリジャパン合同会社 2016年05月18日

近年、サーバーの仮想化環境が広く普及し、それとともにストレージへの負荷が課題となりつつある。物理サーバーのみの環境に比べ、多彩な用途のサーバーが一つのストレージを共有するようになり、ストレージのリソースを奪い合う場面が増えてきたのだ。ストレージへのアクセスが急増すると、他の仮想マシンがレスポンス低下やレイテンシ増大など悪影響を受けることがある。いわゆる"ノイジーネイバー(うるさい隣人)"問題だ。

本資料では、仮想マシン単位のサービス品質 (QoS) 機能をもち、ノイジーネイバー問題を解決する、仮想マシン専用のストレージを紹介します。
続きはダウンロードしご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)