ホワイトペーパー

なぜ、うまくいかないデータ駆動型経営。大事なのは誰もがデータを活用できる仕組みと文化の醸成

日本マイクロソフト株式会社(Azure) 2016年07月28日

データこそがビジネスを動かす新しい原動力になるという考えに異論を唱える人はいないだろう。そして、今、多くの企業が業務効率向上、リアルタイムの意思決定の実現、さらには業務継続性の向上、業務プロセスの改善、業績の見える化実現など多くのメリットを期待し、データ駆動型経営に取り組んでいる。しかし思ったほどの効果が得られていないと考える企業はけっして少なくないだろう。
なぜデータ駆動型経営がうまくいかないのか?
その一つの解答が一部の人間だけしかデータを活用できない仕組みやデータ分析は専門家に任せれば良いという企業文化ではないだろうか。
モバイルやIoTなどの普及により、あらゆるところでデータが生まれるようになった現在、企業が競争性を高めるためには、このデータを”すべての人が活用できる”ことが重要である。そのためには、大量のデータをタイムリーに格納できるだけでは不十分で、データを生かせる仕組み(データプラットフォーム)と文化の醸成が重要だ。
 本資料では、日本マイクロソフト クラウド&エンタープライズビジネス本部 クラウド&サーバー 製品マーケティング部 シニア プロダクト マネージャーの横井 羽衣子氏へのインタビューを通じてデータ駆動型経営を成功に導く理想的なデータプラットフォームのあり方と文化醸成のコツ、そしてクラウドデータベースの手軽さと SSD Applianceのハイパフォーマンスを両立したデータプラットフォーム構築の強い味方「Virtual SSD Appliance」 を紹介します。

詳細は資料をダウンロードの上、参照されたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]