編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

ホワイトペーパー

モバイル端末の増加やBYODに「AirWatch」で「デバイスの管理」から「情報資産の管理」へ

ヴイエムウェア株式会社 2016-06-28

スマートデバイスの増加でMDMツールの性能や管理が限界に来ていたバンダイナムコホールディングスによるEMM(エンタープライズモビリティ管理)導入事例です。

バンダイナムコホールディングスは、関連会社を通じて国内主要15社、約6,000人のスタッフに対してITサービスを提供し、同グループ内のIT 統制やコストコントロール、セキュリティレベルの維持を図っています。

その取り組みの中でスマートデバイスの導入が始まったのは2010年ころから。経営層だけでなく一般社員層にスマートデバイスが浸透し始めたこともあり、ワークスタイル変革のキーアイテムとしてスマートデバイスを活用するという戦略に舵を切ったのです。iPhoneの内線化、Office 365の利用などを進めると同時に、デバイス管理にオンプレミス型のMDM (モバイルデバイス管理)ツールを導入しました。

しかし、管理台数が2,000を超えたころからMDMのパフォーマンスに影響が出はじめました。今後も管理対象端末は急激に増加することから、同社はEMM(エンタープライズモビリティ管理)ツールである「AirWatch」の導入に踏み切りました。

本資料は、「AirWatch」の導入効果を分かりやすく解説するとともに、MDMとEMMの違いや、管理ツールの刷新によって、なぜワークスタイルの変革が実現できるのかといったことを分かりやすく示しています。

詳細は資料をダウンロードしてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]