ホワイトペーパー

データセンターのセキュリティに関する最新の課題とその対処法とは?

ヴイエムウェア株式会社(NSX) 2016年10月18日

持続的標的型攻撃(APT)や組織的な攻撃といった脅威が急速に拡大しています。2015年にデータ侵害によって企業が被った平均損失額は379万ドルにも上ると言われており、新たな脅威に対応したデータセンターのセキュリティモデルの確立が必要な時代です。

境界でのセキュリティ対策だけではなく、データセンター内のネットワークトラフィックのセキュリティの確保や、ハードウェアやファイアウォールに高額なコストをかけることなくセキュリティ損害をどう抑えるかが、データセンターを運営する企業にとって喫緊の課題といえるでしょう。

こうしたデータセンターのセキュリティが抱える課題に対して、マイクロセグメンテーションによる解決をもたらすのが、ネットワーク仮想化ソリューション「VMware NSX」です。「VMware NSX」によるマイクロセグメンテーションは、新しいハードウェアやアプリケーションの追加コストをかけることなく、既存のインフラ環境に対して仮想化による運用上の俊敏性ときめ細かいセキュリティ制御を提供します。

・ゼロトラストベースの分離
・セグメンテーション
・高度なサービスによるセキュリティ

本資料では、上記3つの機能を備えた「VMware NSX」がもたらすセキュリティモデルについてご紹介します。インフラ担当者、ネットワーク技術者、セキュリティ技術者におすすめの資料です。ぜひ、ダウンロードしてください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]