ホワイトペーパー

オンプレミスでのITリソース調達をラクにした方法とは?

日本ヒューレット・パッカード株式会社(フレキシブルキャパシティ) 2017年03月27日

多くの企業にはパブリッククラウドの利用に適さないシステムが存在する。競争力の源泉となる自社独自のアプリケーションや、コンプライアンスとセキュリティの観点から安直に外部に出すことが難しいシステムだ。

しかし、こうしたオンプレミスのシステムは、利用状況を把握し、計画策定し、新たなリソースを調達するという面倒なサイクルが発生する。重要で機密性の高いデータを基幹系システムと連動して業務分析をしている場合などは、リソース要求量が跳ね上がり、コストの最適化にも限界が生じる。

こうした課題を解決する手段として提供されているのが、「HPE フレキシブルキャパシティ」だ。このサービスは、HPEのコンバージド、ハイパーコンバージドを含めた最新のサーバやストレージ、ネットワークインフラをHPE資産としてオンプレミスで利用できる。本動画では、同サービスの特長やメリットをする。[2分6秒]

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]