ホワイトペーパー

オンプレミス環境のIT基盤を、クラウドライクに調達するには?

日本ヒューレット・パッカード株式会社(フレキシブルキャパシティ) 2017年04月07日

迅速さや柔軟さが求められる近年のビジネス環境において、初期コストを抑制できリソースの増減に柔軟に対応できるパブリッククラウドは、企業にとって大きな魅力となっている。しかし一方で、オンプレミス環境で運用したいシステムも存在する。例えば、「セキュリティポリシーにより自社管轄のデータセンターで扱いたい」「距離による回線の遅延を避けたい」といったニーズによるものだ。

そうしたオンプレミスで運用するシステムは、前述したクラウドのメリットが、そのままデメリットとなってしまう。すなわち、システムの導入に多額の初期投資が必要で、それらは保有資産として計上しなければならず、数年ごとにハードウェア更新やそれに伴うシステム改修で大掛かりな作業が発生してしまう。また、運用途中でリソースを増強しようとしても社内手続などで時間がかかってしまうし、逆に余剰リソースを多めに確保すれば投資額が膨れ上がってしまう。

本記事ではオンプレミス環境をクラウドライクに利用できる「HPEフレキシブルキャパシティ」について紹介、また「HPEフレキシブルキャパシティ」の導入によってキャッシュフローを改善した企業など複数の事例を紹介している。詳細はダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)