ホワイトペーパー

リスクを避け6割近い企業がオーバーキャパシティの環境に!?使わないITへ費用を払う企業が取るべき対策

日本ヒューレット・パッカード株式会社(フレキシブルキャパシティ) 2017年12月18日

デジタルトランスフォーメーションにより、以前では考えられなかった速度でビジネスが展開されている現在、それを支えるIT環境の柔軟性と拡張性は企業にとっての生命線と言っても過言ではない。そのようなIT環境の実現の思わぬ落とし穴となるのがキャパシティプロビジョニングだ。システム要件が短期間で大きく変わるため、企業の実に半数はアンダープロビジョニングに起因するダウンタイムを経験しており、そうしたリスクを避けるために平均して59%ものコンピューティングリソースをオーバープロビジョニングしてしまっているのである。つまり、使わないITへ費用を払うことになるのだ。

そこで求められるのが、セキュリティ面と制御面でのオンプレミス環境のメリットを残しながら、いかにパブリッククラウドのような柔軟性と拡張性を手に入れるかだ。困難な命題に思えるが安心していただきたい。ヒューレット・パッカードエンタープライズ(HPE)が提供する「フレキシブルキャパシティサービス」を活用することで状況は一転するからだ。「フレキシブルキャパシティ」は、パブリッククラウドのシンプルさ、アジリティ、および経済性に、オンプレミスITのセキュリティとパフォーマンスのメリットを組み合わせて提供するサービスなのである。

本資料には、世界有数の情報テクノロジー調査/アドバイザリ企業である451 Researchが実施した中立的な調査を基に、企業が抱えるキャパシティプロビジョニングの問題が詳細に記されている。それと合わせて、「フレキシブルキャパシティサービス」を活用したキャパシティ問題解決と次世代IT環境を実現するためのアプローチも示されているので、ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]