編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

ホワイトペーパー

Google Workspaceから学ぶ、セキュリティ文化とデータ保護のアプローチ

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2021-02-04

何十万人もの社員を抱える大規模な銀行や小売業者から、急成長を遂げている新興企業まで、世界中の 500 万を超える組織に利用されている Google Workspace と G Suite for Education。Google が提供するこのクラウドサービスを活用すると、チームのメンバーはどこにいても、どのデバイスを使用していても、新しい効率的な方法でより安全に共同作業ができるようになる。例えば、Gmail では毎週 3,000 億を超える添付ファイルをスキャンしてマルウェアを検出し、スパム、フィッシング、マルウェアの 99.9% 以上の侵入を防いでいる。

本資料では、Google Workspace のセキュリティとコンプライアンスに対するアプローチを網羅的に解説しながら、企業がセキュリティ文化とデータ保護をどう実現していくかをガイドしている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]