ホワイトペーパー

【事例】GKEを活用しサービスのDX化と障害時の影響範囲局所化を実現したナレッジスイート

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2021-05-24

「脳力をフル活用できる世界へ。」という企業理念に基づいて、社員が持つ知識ノウハウを共有することで、営業活動における効率化を目的としたクラウドサービスを開発・提供するナレッジスイート。主力の営業支援サービス「Knowledge Suite」は約 6,500 社の企業に導入されるなど、国産クラウドサービスとして高く評価されている。

そんな同社では、DX を加速させるため、サービスの開発・提供基盤をクラウドネイティブな環境へと移行させた。Kubernetes を採用してマイクロサービス化を進め、Google Cloud の「Google Kubernetes Engine」「Cloud SQL」「Cloud Functions」「Cloud Armor」を活用して、安定性と可用性を高めている。

本資料では、ナレッジスイートが自社サービスにおいてどのように DX を進めたのかを詳しく解説している。ぜひ一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]