編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

データ分析実践に不可欠な「データカルチャー」の醸成、Google Cloud が考える実現への道

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2021-11-09

昨今のビジネスでは常にデータに関わっている。特に、アナリティクス分野で働いていると日々データを取得することになる。しかし、データを活用し意思決定を下そうとする場合、その数字が正しく裏付けられたものかを検証する必要がある。多くの企業が直面する課題は、データの信憑性への認識が不足し、人によって違う数字が出てきたり、データに対する苦手意識をもつ社員は自ら分析をせずに、簡単な作業をアナリストに一任していることがある。これらの解決策は「データカルチャー」を醸成することである。社員がデータを活用し、利益に貢献し、データツールの ROI が長期的に蓄積される文化の構築が求められる。多くの企業がどのように効果的なデータカルチャーを構築したのか、その戦略をグーグルは共有したいと考えた。

本資料では、データカルチャーが従業員や組織にもたらす効果を含めて、データドリブンな組織が既に実践している取り組みを、データカルチャーの計画、構築、開始、育成という4つの段階に分けて詳しく紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]