編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

ホワイトペーパー

BCG 調査より:地理空間データから新たな価値を、「ロケーション・インテリジェンス」活用ガイド

グーグル・クラウド・ジャパン合同会社 2021-12-17

「21 世紀の石油」とも言われるデジタルデータ。その有効活用は、今後の企業成長に必要不可欠だと言われている。次世代通信やクラウド、モバイル分野にデジタル技術の台頭などで多種多様なデータが存在する中、注目が集まっているのがマッピング・地理空間データだ。特に、マッピング・地理空間データと、顧客の人口動態や嗜好に対するデータ駆動型の深い洞察を組み合わせる「ロケーション・インテリジェンス」によって、業務を最適化し、価格設定、製品、サービス提供などの面で顧客ニーズへの対応と改善を目指す取り組みが進んでいる。ただ、必ずしもロケーション・インテリジェンスの価値をすべての業界・業種が享受できるわけではない。

本資料では、BCG が実施したアンケート調査の結果や先進事例を踏まえ、ロケーション・インテリジェンスの活用効果が特に期待できる、金融サービス、小売・eコマース、物流・配送、不動産、旅行・観光の5つの業界における取り組みを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]