ホワイトペーパー

クラウドサービスがボトルネックに!?クラウド時代のネットワーク構築とは?

株式会社日立ソリューションズ 2017年07月20日

Office 365をはじめとするクラウドサービスは、その柔軟性の高さや、導入・保守のしやすさ、コストの低さから、変化が激しい近年のビジネス環境にもマッチし、導入企業が増え続けている。

しかし、導入が進むにつれ、企業内ネットワークでは新たな課題が持ち上がってきている。それはクラウドサービスの通信量増加による、ネットワークのパフォーマンス低下だ。

クラウドサービスは、その特性から、従来のWebアクセスよりもセッション数が増大する。また、多くのユーザーが使用することで、大量のネットワークアクセスが行われ、トラフィックは増える。結果、ネットワークに大きな負荷がかかり、ボトルネックとなる可能性が増えるのだ。

このような課題を解決するのが、Juniper Networksの次世代ファイアウォール、「SRXシリーズ」だ。本資料ではクラウド時代に適した機能・性能をもつ「SRXシリーズ」の紹介とともに、長らくJuniper Networks製品を取り扱ってきた日立ソリューションズならではの充実したサポートサービスを紹介している。クラウドサービスの利用を検討している方や次世代ファイアウォールに興味のある方はぜひダウンロードしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)