ホワイトペーパー

2018年5月28日より適用開始!GDPRが与える影響と準拠に向けた4つのステップ

日本マイクロソフト株式会社(Security) 2017年12月19日

2018年5月、EU(欧州連合)において個人情報保護に関する新しい法律「EU一般データ保護規制 (GDPR)」が施行される予定です。GDPRは個人のプライバシーの権利の保護と確立を目的としており、個人データを管理および保護する方法を制御するためのさまざまな要件を定めた法律です。 GDPRは個人のプライバシーの権利を明確にして確立するための重要な一歩であり、これにより、これからの時代に求められる厳格かつ世界的なプライバシー要件が確立されることになります。
そしてGDPRはEU圏内に所在する組織だけでなく、EUと取引のあるすべての組織が対象となるため、日本を含む世界中すべての組織においてGDPR準拠に向けた取り組みが進められています。
本資料では、そんなGDPRがビジネスに与える影響と、準拠にむけての対応を4つのステップによって説明しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]