ホワイトペーパー

導入した後で後悔しない、最適なITインフラ投資を行うには?

ソフトバンク コマース&サービス株式会社/ヴイエムウェア株式会社(セキュリティ) 2018年03月07日

仮想環境の最適化は、IT部門にとって継続的に目配りが必要な課題だ。データ量は日々拡大し、各部門から要求されるリソースが増大し続けているからだ。そのため、ハードウェアの保守切れ時期は、現状の仮想環境にとって「いま何が足りないのか」「今後何が必要なのか」を知る上でよいタイミングといえる。

本資料は、そうした時期で利用すると効果の高い、アセスメントサービス「仮想化健康診断」について紹介したものだ。また、同サービスを活用し、仮想化基盤の二重化体制を改め、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を導入した国際基督教大学の事例を詳細に解説している。ITインフラの更新が学内上層部にも支持されスムーズに実現できたのは、40台の仮想マシンのCPU使用率の数値を正確に示すことができ、インフラ全体の課題と解決策を分かりやすく提示できたことだ。

ハードウェアの保守切れなどでITインフラの見直しを考えている担当者に有用な資料となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]