ホワイトペーパー

【調査結果】過剰な情報共有から生じる漏えいのリスク

マクニカネットワークス株式会社/株式会社シマンテック 2017年12月04日

ファイル共有アプリケーションにある、すべての個人の身元を特定する情報(PII)のうちリスクにさらされている割合は43%という驚異的な数字です。

本レポートでは、他にも調査結果によって浮かび上がった、様々な衝撃的な数値を見て取ることができます。

現在、シャドーITによって、機密性の高いデータの損失やコンプライアンス違反による情報漏えいなどを 企業のIT部門だけで防止することがはるかに困難になってきています。

対策の安全性が低かったり、コンプライアンス違反のアプリケーションの導入、あるいは悪意のある内部者やハッカーよって危険にさらされたときの潜在的リスクに焦点を当てた本資料を、今後のセキュリティ対策に活かしてはいかがだろうか。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)