ホワイトペーパー

専門家でなくてもログを視覚化・データ活用--水環境プラットフォームの成功事例

SCSK株式会社(splunk) 2018年03月01日

日本で最初の水・環境分野における総合エンジニアリング企業であるメタウォーターは、上下水道処理施設の監視、現場点検、アセットマネジメントを行えるクラウドサービス「ウォータービジネスクラウド」(以下、WBC)を提供している。

WBCを運用し始めて直面した課題は、蓄積したログを解析できる人材が少なく、ログをうまく活用することが課題だった。そこで分析ツールとしてSplunkを採用することとなった。

導入の決め手となったのはどのようなポイントだったのか。またsplunkが実際に「専門家がいない」企業でどのように使われ、どのようなメリットを発揮しているのか。

詳細はダウンロードしご覧頂きたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]