ホワイトペーパー

24企業・10研究機関参加プロジェクトのファイル共有手法も公開!事例に学ぶ企業間情報共有術

株式会社日立ソリューションズ(活文) 2018年03月05日

企業/組織の枠を越え、複数の取引先や海外拠点と連携をすることが当たり前となった。しかし、ここで問題となるのが、社外とのファイル共有をいかに安全かつ効率的に行うかだ。

最も簡単な方法はメールである。しかし、メールでは、過去のファイルに対してやり取りした経緯の共有やバージョン管理ができないうえ、ファイルサイズ制限等による非効率さや、誤送信等によるファイル流出リスクなどの問題がつきまとう。

メール以外の方法では、USBデバイスや郵送によるファイルの受け渡しや、個人向けクラウドストレージサービスの利用によるファイル共有も、厳重に管理しなければ情報漏えい事件を引き起こしかねない。では、利便性を損なわずに社外と安全にファイル共有できる仕組みは存在しないのだろうか?──。

本資料には、昨今の企業間でのファイル共有における課題とともに、企業間情報共有システム「活文 Managed Information Exchange」を用いた課題解決方法が詳しく解説されている。安全を確保しながら、効率的に社外とのファイル共有を行った成功事例も豊富に掲載されているので、ぜひご活用いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)