ホワイトペーパー

AIを活用した効果的なマルウェア対策とは?―高精度な検知から再発防止支援まで実現

株式会社日立ソリューションズ(CylancePROTECT) 2018年03月12日

巧妙化するマルウェアに対し、セキュリティ対策をしていてもマルウェアが対策をすり抜けてしまう可能性がある。例えばパターンマッチング形式の場合、パターンにない未知のマルウェアは検知できない。すり抜けてしまったマルウェアに感染すると、マルウェアの駆除だけではなく影響範囲の確認やログの解析などの事後対応が発生するため、迅速な対処と運用負荷の点で多くの課題を残す。
本資料で紹介するAIによる対策では、パターンマッチング方式やマルウェアの挙動から判別する方式ではなく、ファイルの特徴からマルウェアを検出する方式をとる。このため亜種や新種のマルウェアも高精度に検知することができる。
さらに、万が一マルウェアに侵入されてしまった場合にも、感染端末のネットワークからの隔離などの迅速なインシデント対応や侵入経路特定による再発防止策の支援を実現する。

本資料は、最新の機械学習機能を搭載した次世代型マルウェア対策製品を紹介しながら、高度化の一途をたどる攻撃への防御策を詳細に解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]