ホワイトペーパー

変化を受け入れるか、取り残されるか!?先進企業ほどHCI導入を急いでいる--大手調査会社が現状報告

Dell EMC 2018年10月26日

■HCIの実装担当者が目にしている成果

昨今の事業環境は変化の速度感が今まで以上に増している。いかに俊敏・柔軟かつパワーのある基盤を構築し、想定される先々のビジネス要求に対応していくのか、その点において経営手腕が強く問われるようになっているのである。

そして現在、その有力な選択肢として支持されてきているのがHCI(ハイパーコンバージド・インフラ)だ。以下に、その証左となる有益な資料を紹介していきたい。

まずIDG Research Servicesの最近の調査によれば、ITリーダーの85%が「HCIを自社ですでに使用している、または使用する予定だ」と回答した。同じく調査会社のIDCによる別の調査では、HCI環境ではユーザーのアプリケーションアクセスが向上し、ダウンタイムが98%短縮したという。

HCIの最大の特徴といえば、コンピューティング、ソフトウェア定義ストレージ、ネットワーキング機能を一体化したアプライアンスであること、そして事前に入念に検証されおり、すぐに導入開始できること、さらに容易に拡張が可能な点だ。

IDGによれば、企業はHCIの導入から、「カスタマーエクスペリエンスの向上」「生産性の向上」「効率性の向上」「コストの削減」を実現できたという。

☆ここまでのストーリーをホワイトペーパーで詳しく読む:
「データセンターのメインストリームとなる--ハイパーコンバージドインフラストラクチャがもたらす価値」
 ~IT部門がコアビジネスアプリケーションにHCIを採用~


以下は実際にHCIを使い、ビジネスを積極的に進化させている事例解説です。
(リンク先はDell EMCのサイトとなります)

■科学衛星データ処理システムを刷新 最先端宇宙研究を支えるICT基盤を確立
https://www.dellemc.com/ja-jp/customer-story/jaxa.htm

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]