ホワイトペーパー

DXでカギを握る「データ資本」! IDCが提案するデータ資本活用のためのストレージの要件とは

Dell EMC 2019年04月16日

IDCの予測では2021年までに全世界のGDPの少なくとも50%がデジタル化され、すべての業種においてデジタルで強化された製品/サービス、業務が成長を牽引することになる。こうしたデジタルトランスフォーメーション(DX)の動きのなかで最も重要なのがデータ資本(Data Capital)だ。だが、データ資本を最大限活用するためにはITインフラ、なかでもデータを格納するストレージが課題になりやすい。

では、ストレージの課題を解決し、DXに必要とされる要件を満たすためにはどうすればいいのか。本資料は、データ資本を活用するうえでのストレージの課題と、対応が求められる要件を整理し、その1つの解決策として、Dell EMCのストレージポートフォリオの有効性を示したホワイトペーパーだ。

データ資本を活用するためには、非常に多岐にわたる要件に対応していくことが求められる。どのようなアプローチが有効かを知ることは企業にとって大きな指針になるはずだ。ぜひ内容を確認していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]