ホワイトペーパー

講演資料:ついにAWS移行完了!さあ運用管理の可視化/自動化はどうする?

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 2018年11月01日

ZDNet Japan & AWS Partner Networkセミナーより。

AWSに本番移行したらそれで終わり!というわけではありません。AWSによるメリットを享受する為には、AWSの特性を深く理解し、最適な運用管理を実現するという事が重要です。

本セッションでは、人的リソースの消費をいかに抑え、運用の外部アウトソースに頼らない柔軟性のある運用管理を実現するために、ソニーネットワークコミュニケーションズが独自に開発したAWS運用管理ツール「クラウドポータル」を用いたワンランク上の運用自動化を実現する方法について、ユースケースやデモも交えてご紹介します。

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 平山 智史氏
(法人サービス事業部門 CNS開発運用部 クラウドビジネス開発課 課長)

<ダイジェスト>
・運用自動化を実現する “クラウドポータル” のご紹介
・クラウドポータル利用者みんなが利用する基本管理機能のご紹介
・3つのユースケースに合わせた独自応用機能のご紹介
・“NURO閉域アクセス” によるAWS閉域接続のご紹介

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]