ホワイトペーパー

大手地銀の勘定系システムをAzureにリフト、WSFCを用いたクラスタ構成で高い可用性を担保

サイオステクノロジー株式会社 2022-10-05

ある大手地銀が、Windowsを基盤にしたオープン勘定系システムをMicrosoft Azure環境へとクラウドリフトした。フルバンキングシステムのパブリッククラウド環境での実装は国内初の事例となるもので、オープン系勘定系システム「BankVision」を開発・提供するBIPROGY(旧日本ユニシス)と日本マイクロソフトが取り組みを支援した。移行プロジェクトで直面した課題の1つが、可用性の担保のために採用していたWSFC(Windows Server Failover Clustering)による共有ディスク構成が当時の状況では採用できないことだった。そこで既存環境と同等の可用性を担保するために大手地銀が採用したのがサイオステクノロジーのデータレプリケーションだった。
本資料では、勘定系システムのような高可用システムにおいてクラウドリフトを高度に実現するための手法と具体的なユースケースを紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]