ホワイトペーパー

年間57%増で成長中! RPAにコグニティブオートメーションを実装するための6つのステップ

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 2019年02月28日

RPAを使った業務のオートメーションが活発化している。2016年から2022年にかけてRPAは年間57%という驚異的な伸びで成長すると見られている。そのなかでも注目を集めているのがコグニティブ(認知)機能のRPAへの実装だ。
 AI(人口知能)のサブセットに位置づけられるコグニティブは、業務の自動化を推進し、人間の意思決定を支えるものだ。コグニティブ機能を備えたRPAを利用すると、例えば、顧客からの注文メールを処理する際に、メールの内容に合わせて返信する文章を変え、自動的に送信するといったことができる。
 本資料は、そうした「コグニティブオートメーション」の導入を成功するための6つのステップを解説したeBookだ。プロセスの選択方法から、合意形成、トレーニング、全社展開の方法までを解説している。RPAで成果を出すために多いに参考になる資料だ。ぜひお目通しいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]