ホワイトペーパー

マルチクラウド環境で最適なバックアップを!急成長のVeeamの特徴をイチから理解する

ネットワールド(Veeam) 2019年04月01日

企業において最も大事な資産であるデータを安全かつ確実に保護するバックアップ。かつては企業内で構築されたオンプレミス環境だけをバックアップの対象にしていたが、今はクラウドの時代だ。大事なデータを仮想環境やクラウド環境に保持することが当たり前になり、それに適したツールが求められるようになった。

そうしたなか、マルチクラウド環境における「企業のアベイラビリティ実現」を目指し注目を集めているソフトウェアベンダーがVeeamだ。2006年にスイス本社、2016年に日本法人が設立された同社は、仮想環境向けデータ保護(バックアップとレプリケーション)および監視ツールを提供し、急成長を遂げている。

Veeamのソリューションのすごみはどこにあるのか。本資料は、今もっとも勢いのあるバックアップベンダーのソリューションを他社との比較を含め、初めての人にもわかりやすく解説した資料だ。

最大の特徴である、シンプルで簡単に仮想環境のEnterpriseバックアップができることの詳細に加え、イベント「Velocity 2019」で発表された最新情報も記載。Veeamを詳しく知りたいユーザー企業やパートナー企業にとって大いに参考になる資料だ。ぜひダウンロードいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]