編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

脅威を短期間でハンティング! 第三者機関から業界のリーダーに認定された最先端EDRの実力

マクニカネットワークス株式会社/CrowdStrike Japan株式会社 2019-05-29

組織を狙うサイバー攻撃の手口が高度化している昨今、その脅威に対抗するセキュリティ対策として注目されているのがEDR(Endpoint Detection and Response)だ。

ゲートウェイでのセキィリティ対策やエンドポイントのアンチウイルスなど既存のセキュリティ対策をすり抜けて侵入した攻撃者は、エンドポイントにおいて感染拡大や情報収集などの様々な不正活動を密かに行う。EDRを活用することで、こうした隠れた不正活動をあぶり出し、不正活動の詳細を見極め、適切に対処することで、被害の拡大を食い止めることができる。

EDRの中でも、第三者評価で業界をリードする存在として認められている米国製品がある。この製品は、EDRに加えて、EPP(Endpoint Protection Platform)、すなわちエンドポイントを保護するための様々な機能も一つのエージェントで提供するアーキテクチャを備える。

本資料はこの製品の優位性や期待される導入効果などを日本市場における総代理店のマクニカネットワークスに聞いたホワイトペーパーだ。最先端EDRの実力を実感していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]