ホワイトペーパー

「HCIは大規模システム向け」とは限らない---小規模システムに適したHCIの条件

日本電気株式会社(VMware) 2019年08月13日

仮想化が進展する中で、現在も物理サーバで業務システムを稼働させている企業は少なくない。その理由として、「仮想化は管理が複雑で大変」「仮想化の知識を持ったIT要員がいない」といったことが挙げられる。これらの解決策の一つがハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI))だ。

しかし、「HCIは大規模システムでこそ、メリットを享受できる」「HCIは高くて手が出ない」と考えている人も多い。ところが、NECが提供するHCIは2ノードという最小構成から構築できるため、小規模から大規模システムまで幅広くメリットを享受できる。さらに、運用管理の負荷を軽減し、システム担当者の生産性向上にも貢献する。小規模システムのユーザも最適なHCIを選択可能だ。

本資料は、NECが提供するHCI製品「NEC Hyper Converged System」を紹介している。低コストでの導入を可能にしている「2ノードHCI」の製品アーキテクチャをはじめ、導入の具体例を交えた解説がされており、自社のニーズとのすり合わせにも役立つ内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]