編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

緊急事態からNEW NORMALへ~場所にとらわれない働き方の実現を目指して

ソニックウォール・ジャパン株式会社 2020-10-26

『テレワーク』はICTを利用して時間や場所にとらわれず、自宅や様々な場所で仕事ができます。一見便利なテレワークですが、オフィスネットワークへの通信を行うため、社内情報セキュリティの確保が重要な課題となります。ソニックウォールのSMAシリーズでは、テレワークで利用する端末に対してエンドポイントコントロール機能でセキュリティソフトの導入有無、WindowsOSやMacOSなどOSの指定、さらにOSバージョンの指定まで細かく検閲し、通信制御を行うことでテレワークを行う端末を会社規格に限定させます。また端末の固有情報を登録し接続制限をすることも可能です。これはパスワードのみの認証より強固な認証となり、PCやスマートデバイスの接続を限定することができます。マルウェア対策についてはSonicWall独自のクラウドサンドボックスであるCaptureATPを利用してネットワーク通信の脅威の解析・検知を行うことが可能です。悪意のあるプログラムをサンドボックスで振舞いを検知することで、オフィスネットワークへ到達する前に不正プログラムの検出をします。暗号化にて通信を盗聴から守り、不正アクセスから社内情報資産を保護すること、またマルウェアから最新のセキュリティ技術で端末を保護しセキュアな場所にとらわれない働き方をご説明いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]