編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

貯めたデータの活用はなぜ進まない? 悩みを解消する4つのポイント

Dell Technologies/株式会社ジール/株式会社ネットワールド 2019-10-25

IoTやAIなどの取り組みが進む中、あらゆる機器やシステムから大量のデータが吐き出されている。ただ、これらビッグデータを活用すべくため込んでみたものの、そこから先に進まないという企業も多い。例えば、データの分析方法や分析結果を業務に活用するシナリオが立てられない場合がある。また、シナリオを立ててもそれが計画倒れになってしまい、データを基にした意思決定や業務改善、組織改革につながっていないケースも多い。このようなすでに蓄積されているデータの活用はどのように進めればいいのか。本資料は、蓄積したデータを業務や経営に役立てるソリューションを解説した製品紹介資料だ。「コンサルティング」「柔軟な分析環境」「分析の定着化」「多種データ対応」という4つのポイントから、企業がデータに基づく意思決定を行い、試行錯誤しながらデータ活用を定着化するステップをまとめている。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]