編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

ホワイトペーパー

ECサイトなど企業のWebサイトを脅かす「迷惑Bot」の実態─AIを駆使し被害を防ぐ方法とは

PerimeterX Bot Defender(株式会社日立ソリューションズ) 2020-03-06

企業と顧客とのさまざまなコミュニケーションの手段として、いまやWebやMobileアプリは欠かせない存在となっていることは言うまでもありません。しかし一方で、ネットを徘徊する「Bot」が、ネットを通じたコミュニケーションにとって深刻なリスクとなっているという事実をご存じでしょうか。

実は既にBotトラフィックはネット全体の約40%(※1)を占めており、その中には不正を目的とした「迷惑Bot」も数多く存在しています。最近では、不正ログインによる顧客の個人情報などの漏洩や、アカウントの乗っ取り、ECサイトでの買い占め・転売など、Botによる数多くの被害が相次いでいます。このように場合によっては企業にとって致命傷ともなりかねないBotによる攻撃ですが、従来のセキュリティ対策では防ぐことが困難なうえ、法律による規制も難しいのが現実です。
※1 Bad Bot Report 2019

こうした深刻な状況を受けて日立ソリューションズが提供するのが、AIを活用したBot攻撃対策「PerimeterX Bot Defender」です。PerimeterX Bot Defender は、アクセス者のふるまいをもとに、AI技術で人とBotを識別し、被害を未然に防ぐことができるものです。

本資料には、迷惑Botの実態や被害などの最新動向とともに、PerimeterX Bot Defender の概要、そして通販サイトやクーポンサイトなどでの導入事例が掲載されています。IT担当者やWeb担当者、EC担当者にとって必読と言えるでしょう。詳細はぜひダウンロードしてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]