ホワイトペーパー

【ゼロから分かる】マルチクラウド時代のクラウド環境保護

日本マイクロソフト株式会社(Digital Trust) 2024-02-08

セキュリティ担当者みなさま。Azure のみならず AWS, GCP が混在する環境において、プロジェクト単位などの粒度でシステムを構成する環境が発生する中、引き渡し後の担当者の考慮不足や構成の誤りによって引き起こされるセキュリティのリスクを、どう検知し対処すべきかを検討されていますでしょうか?
このセッションではマイクロソフトのクラウドネイティブ アプリケーション保護プラットフォーム(CNAPP)製品である Microsoft Defender for Cloud を用いることで上記のような課題にどのような対策が講じられるのかをクイックにお伝えいたします。

登壇者

松井 大
日本マイクロソフト株式会社
クラウド&AIソリューション事業本部
セキュリティ統括本部
クラウドセキュリティ技術営業本部

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]