編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ホワイトペーパー

なぜ「リフト&シフト」が必要なのか?IT基盤のライフサイクル管理の行き詰まりから脱却を!

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社/ヴイエムウェア株式会社(VCPP) 2020-07-03

本資料は5月26日、27日に開催された
「VMware×ZDNet Japan Modern IT Platform Seminar」の
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社の関連資料になります。

近い将来、日本のITシステムでは人口減少に伴う人材不足とレガシーシステムの負債が引き起こす「2025年の崖」問題が叫ばれている。既に現状でも、オンプレミス環境が老朽化し、ITインフラのライフサイクル管理に行き詰まっている企業は少なくない。

この問題を克服するためには「クラウドにリフト」し「クラウドネイティブな自動化の世界にシフト」する「リフト&シフト」が求められる。しかしながら一気にすべてのシステムをクラウド化するのは、多くの企業にとって難しいのも事実だ。そこで「リフト&シフト」のロードマップを描く際には、オンプレミスとクラウドのシステムとを共存させる「ハイブリッドクラウド」の段階を経ることが、より現実な解となってくるのである。

本資料では、企業が「2025年の崖」を回避するための「リフト&シフト」のロードマップの描き方を「5つのステップ」として紹介するとともに、その中間的な段階として目指すべきハイブリッドクラウドのメリットと具体的な導入手順について解説している。非効率的なライフサイクルから脱却するなら「今」しかない。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

関連ホワイトペーパー

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]