編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

ホワイトペーパー

エンジニアの開発時間を確保! AWS運用マネージドサービスの効果

NHN テコラス株式会社 2020-07-01

デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みのなかで、クラウドネイティブ開発への移行が活発化している。移行先として人気を博しているのがAWSだが、単にAWSに移行しただけでクラウドネイティブ開発が可能になるわけではない。AWSは年間1000回以上の機能アップデートが行われるため、エンジニアは知識習得のために時間を費やす必要があり、状況によっては、開発のための時間を削らなくてはならいケースもある。

本資料は、そうしたAWS運用の課題を解決するための手法をコンパクトに整理したホワイトペーパーだ。運用のアウトソースの観点からマネージドサービスを紹介している。ぜひ参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]