編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ホワイトペーパー

「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

ラピッドセブン・ジャパン株式会社 2020-07-14

サイバーセキュリティの脅威が増大している中、「サイバーエクスポージャー」対策の重要性が以前よりも増している。サイバーエクスポージャーとは、「インターネットに接続されたサービスにおける外部公開設定の弱点」のことを指す。元々は金融業界における「エクスポージャー(継続的なリスク管理)に基づいた考えであり、サイバーリスク全体を正確に把握、削減することを目指している。

特に、業種別にサイバー攻撃に対する「レジリエンス(耐性)」について正確に把握しておくことは非常に重要だ。以下の資料では、日経225銘柄企業の2019年第2四半期におけるインターネットセキュリティの現状を測定し、業種別に統計的にデータをまとめたものである。調査した各業種で最も共通性のある問題に焦点を当て、それぞれにおける防御に関する実践的で具体的な提言を得ることができるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]